PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

マクドナルド価格戦略の迷走

日本マクドナルドは12日、都道府県単位で販売価格を設定する料金体系を導入することを明らかにした。試験的に今月中にも東京や大阪など4都府県で価格を上げ、東北と中国地方の一部の県で値下げする。将来的には全国の店舗に地域別の料金体系を導入する予定。
(FujiSankei Business i. 2007/6/13 )



私はアメリカに住んでいた頃から、マクドナルドが好きでした。

(BKも好きだったけど)それは、マクドナルドの商品が美味しい

だけではなく、全米にフランチャイズビジネスという

ビジネスモデルを普及させた立役者としての尊敬の念も含めて

好きだったのです。


しかし、今回の「地域別料金体系の導入」によって、私の

マクドナルドへの尊敬の念は揺らいでいます。


確かに、地域によって人件費や店舗賃料がことなり、それによって

同一商品でもコストが異なりもちろん利益率も異なるでしょう。


だがその一方、地域によって日別顧客数もことなるはずです。

だから、都市部ではコストが高くなっても薄利多売での利益確保は

可能なはずです。


今回のニュースで最も残念なのは、地域別料金体系の導入という

価格戦略は、フランチャイズビジネスモデルに対する顧客の安心感

を失うということです。フランチャイズビジネスの最も素晴らしい

ことは、どの場所でも(あくまでも同じ国の中でという限定)

「同じ商品を、同じ価格で、同じサービス」を提供してもらえる

ということだと思っています。このフランチャイズビジネスモデル

の重要なファクターである価格を変えるということは、フランチャ

イズビジネスモデルの概念自体を変えることにつながるのではない

かと思います。


今回のマクドナルドの価格戦略の見直しに対して、今後の消費者が

どのようなリアクションをするのか、そして、それに対して

マクドナルドはいかに対応するのかを、しばし見守っていきたい

と思います。

| ひとりごと | 06時52分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

マクドナルドの説明も分からなくもないですが、確かに水野さまがおっしゃる通り「同じ商品を、同じ価格で、同じサービス」が重要であると思います。
『地域別』という概念を持ち込むのであれば、日本という大きな括りで金額を設定すべきなんじゃないかな?

まぁ、単純にマクドナルドの値上げは死活問題なんですけどもね(^^;)

| Crowbird | 2007/06/14 12:57 | URL |

おなじ価格の方が(-_- )シミジミ

僕も「同じ商品はどこでも同じ価格、同じサービ
ス」じゃないかと思っています。
地方の売れ行きが良くなるのならそれはそれで
いいのかもしれませんが・・・

| きくりん07 | 2007/06/14 22:12 | URL | ≫ EDIT

Crowbirdさんへ

>『地域別』という概念を持ち込むのであれば、日本という大きな括りで金額を設定すべきなんじゃないかな?

私もまったく同感です。

それから、私もマクドナルドをけっこう食べますので、今回のことは死活問題になりかねません。(笑)

| 水野達也 | 2007/06/15 10:41 | URL |

きくりん07さんへ

地方の売上が上がり、都市部での売上が下がらなければ、今回のマクドナルドの価格戦略は成功と言えるんでしょうけどね。

どうなっていくのか、非常に興味があります!

| 水野達也 | 2007/06/15 10:43 | URL |















非公開コメント

http://mizunotatsuya.blog92.fc2.com/tb.php/86-96940640

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。