PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『朧村正』

この前、たまたまWiiのサイトを見ていて、
そう言えばテレビで、おすすめセレクションって
宣伝してたなぁと思い、ちょっとチェックしたところ
「朧村正」が目にとまりました。

詳細を見てみると、ジャンルは「絢爛絵巻和風アクションRPG」とのこと。
まずは、和風というのに、ちょっと惹かれましたね。
それで、実際動画を観てみました。



すると、横スクロールアクションゲームじゃないですか。
レトロな私としましては、思わず、「がんばれゴエモン」シリーズをプレイ
した時のことを思い出しました。

アクションゲームは得意じゃないのですが、「がんばれゴエモン」は
とっても好きで子供の頃、よくプレイしてたのです。

それと、音楽も和風テイストで良い感じなので、気に入りました。

ゲームのモードも、無双モードと修羅モードがあり、無双モードは、
それほど難しくないようなので、私にもできるかなと思って・・・。

それで、金曜日に買ってきました。

oboromuramasa

まだ、プレイできていないので、また今後プレイしたら、
ファーストインプレでも書こうかなって思ってます。

あ!もし、このブログをご覧の方で、プレイされたことがある方が
いらっしゃったら、ご感想きかせて下さい。

ではでは。

| 買ったもの | 08時33分 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

朧村正は好きです。
自分は発売日に購入して無双をクリアしました。
今の時代に正統派の2Dアクションというのがいいですし
なんといっても和風で洗練されたビジュアルが
目を引きますよね。

ゲームとしては東海道の画面毎に区切られたマップを移動して
イベントを進めて、道中のザコを倒し、ボスと対決の繰り返しです。

ボス戦はそれぞれ練りこまれていて楽しいのですが、
それ以外の部分が単調というか作業的に感じる部分が
多かったと感じました。

ただ2Dで和風なイラストレーションや爽快感のある操作性、
豪快なボス戦などいいところが突き抜けているゲームなので
そこを魅力に感じるのなら買って見る価値はあると思います。

| tapioka | 2010/06/20 23:29 | URL |

tapiokaさんへ

おおっと!さすがアクションゲームのお得意の
tapiokaさんですね。朧村正はプレイ済みなのですね。

ほんと、今の時代に、2Dアクションというのが
いいですよね。それと、和風なビジュアルと音楽にも
惹かれました。(^^)

ボス戦は作り練りこまれているのですね。
それは、とっても楽しみです。

あ!このゲームは、もう買ってありますです。
ただ、まだ今やっているゲームが終わってないので
着手できてません。

明日でも、ちょこっと、朧、プレイしてみようかな!
いつも、情報、ありがとうございます!(^^)

| 水野達也 | 2010/06/21 17:38 | URL |

こんばんは、水野さん。^^

朧村正は気になっているゲームの1つだったりします。
グラフィックやアクション性にすごく魅力を感じる
ゲームだと思います。

がんばれゴエモンシリーズは私も昔よく
ハマっていました~
一番やったのはきらきら道中です。
ミニゲームがすごく面白かった作品でした。

プレイのほう頑張ってください。
感想、楽しみにしています♪

| カプロイ | 2010/06/22 22:54 | URL |

カプロイさんへ

カプロイさん、おはようございます。(^^)

おっとカプロイさんも朧村正は、
気になってらっしゃいましたか。

ちょこっとだけプレイしてみたのですが、
グラフィックは素晴らしいです。

アクションの方も爽快感がありました。

カプロイさんも、がんばれゴエモンシリーズは
お好きでしたか。
私も、大好きだったので、嬉しいです。

私が一番やったのは、がんばれゴエモン2
〜奇天烈将軍マッギネス〜です。
ゴエモンインパクトは本当にインパクトが
ありました。

朧、もう少し進んだら、また感想かきますね♪

| 水野達也 | 2010/06/24 10:30 | URL |















非公開コメント

http://mizunotatsuya.blog92.fc2.com/tb.php/762-a5d66503

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。