PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --時--分 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

『やまとなでしこ』

年賀状の書きすぎで、肩と腕が痛くてたまらない
いかに、普段、ペンを使ってないか自覚させられた水野です。

こんにちは。

皆さん、年賀状はもうお書きになりましたか?
我が家は、ここ数年12月25日までに、年賀状を
出せたことが無かったので、昨日、日曜日は
一念発起して、まる一日かけて書きあげました。(^^;)

もちろん、宛名とかはプリンターで印刷しているのですが、
それでも、裏面に少し文章を書こうとすると、
かなりの時間を要してしまいました。あー疲れた!(笑)


さて、表題の件ですが、
『やまとなでしこ』とは、もちろんドラマの話です。

この作品、私は日本のラブコメディで一番好きな作品なのです。
リアルタイムで放送されていた時も観ていましたし、
レンタルビデオやレンタルDVDでも何度も観ました。

それでも、またしばらくすると観たくなるので、
今回、クリスマスプレゼントということで、思い切って、
DVD BOXを購入してしまいました。(^^;)
2万円ぐらいしたので、これで、新作ゲーム購入の予算は
残されておりません!まぁ、いいかぁ~!

届きましたDVD BOXは、こんな感じです。↓

やまとなでしこ

ちなみに、この作品をご覧になったことの無い方のために、
さらっと、あらすじを書きますと…

主人公の神野桜子(松嶋菜々子)は、高校生まで貧しい家庭で育ち、
貧乏が大嫌いの27歳のスチュワーデス。大金持ちと結婚するために、
合コンの女王と呼ばれるほど、合コンを重ね、最高のお金持ちとの
結婚を目指す。ところが、ある合コンで、貧乏な小さな魚屋の
中原欧介(堤真一 )との、ふとした出会いから、子供の頃、母親に
教えられた、お金では買えないもの、お金より大切なものに、
気づかせられていくという、素敵なストーリーです。

また、脇役のキャスト陣も、西村雅彦、筧利夫、東幹久などとても
豪華な顔ぶれです。

でも、私が脇役で一番光っていたと思うのは、佐久間真理子役の
森口瑤子さんです。西村雅彦の奥さんで、堤真一とも大学時代の
サークルで一緒だったという彼女が、誰よりも早く、神野桜子の真の
純粋さを見抜き、二人がうまくいくように、陰ながら応援するところが、
とても良かったです。

まだ開封していませんが、今から観るのがほんと楽しみです。(^^)

もし、まだ観たことがない方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、一度レンタルしてみて下さい。
笑いあり涙ありのラブコメディは本当に人を元気にしてくれます!

それでは、今日はこの辺で。

| 買ったもの | 16時05分 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://mizunotatsuya.blog92.fc2.com/tb.php/533-0c9ef680

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。