FC2ブログ

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月

≫ EDIT

「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。」

新年、明けましておめでとうございます。
皆さん、お正月はいかがお過ごしですか?

お正月の2日目は、家でゆっくりおせちを食べて、
DVD鑑賞をたっぷりして、とってものんびりした
一日を過ごせた水野です。(^^)

こんばんは。

さて、今年の抱負はまだ具体的にはなっていないのですが、
ひとつ思っているのは、今年は、自分に響いた言葉や
気になった言葉は大切にしてみたいなということです。

それで、今年の最初に私の心に残った言葉をご紹介します。

「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。
そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ」

です。

これは、阪急電鉄の創始者の小林一三さんの言葉です。

なぜ、この言葉が私の心に響いたかと申しますと、
私も、いい年になり、それなりの経験と知識を兼ね備えてきたと
自分でも思うようになってきてました。

でも、そんな自分を戒めてくれる言葉だと思ったからです。

もう一度、自分の仕事を振り返った時、
基礎はしっかりできているのか、もうそんな基礎的なことは
自分には関係ないと、頭でっかちになっていないか?と
思い直したのです。

なので、今年は、もう一度、自分の仕事や仕事観を
謙虚に見つめなおし、基礎的な基盤をしっかりさせていきたいと
考えています。

改めて思います、まだ自分は、日本一の下足番になっては
いないなと。

今年は、頑張って、しっかり取り組みたいと思います。
スポンサーサイト



| 響いた言葉 | 22時53分 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年02月